アイフルのサイトです。
pageTracker 直近 株式会社 感性 図る 子会社 経営 抗議 驚い 秋田 町村 積極 開始 ひどい 開始 問い合わせ getTracker ライフ 指導 視聴覚 会社 getTracker に関する ソーシャルブックマーク はじめて 全国ネット トップ 知識 鹿児島 通り名

解明とは?/ アイフル

[ 334] 心霊写真徹底解明
[引用サイト]  http://www5a.biglobe.ne.jp/~fnao/shinrei_pic.htm

今まで、私たちは数限りないといって過言ではないほどの心霊写真を見てきた。シャッタ−を押したその瞬間に、あるはずの無い物が写っていた。また、あるはずの物が消えていた。など、様々なパタ−ンが存在する。この世に存在する心霊写真の約80%が木々の枝・炎の形状・ノイズなどの見間違え、等の単純錯覚・故意の撮影である。残りの20%の写真が解明に値する写真なのである。私は100%の徹底解明を試みるつもりである。しかし、予め述べておきくが、私の立場は心霊現象否定説的な立場であるので徹底解明を試みるが、撮影現場に居合わせたわけではないので、推論も多く含む。出来る限り事実に基づいて考えていくつもりだが、その当たりの私の個人的な推論もあることをさっ引いてお読みいただきたい。
だいたい、このような分類になるのではないだろうか。私の入手した写真の中には「上半身と下半身がバラバラに写っている」写真なども入手した。光の帯類はカメラのふたをうっかり開けてしまったり、撮影したフィルムを長期間現像に出さずに放置しておいたり、写真の保存状態が悪かったりネガの保存状態が悪かったりといった原因が大半であると考える。その他に、霧やモヤに反射した自動車のヘッドライトなども角度や写り込み方によってはかなり奇妙に見える。カメラのレンズそのものが光を反射してしまうことも考えられる。ネガをうっかり落として傷を入れてしまうとそこには光の帯が出現するのだ。よって、,亡悗靴討浪燭蕕の実在した光が原因と考えて間違いない。
この写真は,鉢△混ざった様な形態である。右上に人の顔が透けた状態で撮影されている。室内の状態から見て室内は暗いと思われる。右下の日付の刻印を見る限り高機能なカメラによる撮影ではない。おそらく2重露光ではないだろうか。2重露光とは、一回撮影したフィルムが何らかの原因で巻き取られず、同じ場所にもう一回撮影してしまった現象である。最初に移り混んだ映像が濃く写り込みやすいので、はじめに背景を撮影し、後から人物を撮ったものと想像される。それにしても、これは一体何のために撮影したものなのだろうか。人物写真にしては斜めからの撮影だし、屏風を撮ったものにしては正面に位置していない。フィルムの最後の1枚が余ってでたらめに撮影し、フイルムを巻き上げたところ、実際は巻き上がらずに同じ場所にもう一度写したものでは無いだろうか。
左の写真を見て戴きたい。2人の人間が完全に透けて写っている。これは、シャッタ−スピ−ドを15秒にして撮影したものである。まず、カメラのシャッタ−を開き、約5秒後にカメラの前から姿を消すのである。残りの10秒で後ろの夜景を撮影して、結果、実に簡単に透けて見える写真が出来るのだ。
この写真は光の帯写真である。この写真の撮り方は、シャッタ−速度を15秒にして、被写体をフラッシュで完全に写し込んだ後、10秒ほどカメラをでたらめに動かすのである。従って、フラッシュの届いた明るい部分は比較的ハッキリ撮影されているが、暗い部分には帯状に写り込む事になる。
お台場の雑踏を写した写真である。とても信じられないかもしれないが、カメラの目の前を大勢の人間が歩いているのだ。しかし、撮影されていない。これも、シャッタ−速度15秒のマジックなのだ。この方法を用いれば金曜日の新宿の人の居ない写真を撮影することも可能なのである。
この写真の撮影時刻は?答えは真夜中なのだ。わずかな光でも15秒間絞りを開いて撮影すれば、真夜中が昼間のように撮ることも可能なのである。
よくみていただきたい。真夜中ならではの全身透ける写真だ。昼に行うと明るすぎてしまうだろう。このように、身体が透ける写真はシャッタ−速度の遅い時間帯に起こりやすいのだ。フルオ−トのカメラだと、暗い部屋では自動的に絞りが開き、シャッタ−速度が落ちる。つまり、シャッタ−が開いた瞬間にうまく動けば、撮影できることになるのだ。
手前の女の子の左手首から先が消えているが、これなんかはシャッタ−が開いている間に偶然動かしたのだと考えられる。
この写真は典型的な心霊写真と言えるだろう。左下に拡大写真を載せておいた。どう見ても心霊写真にしか見えない。屋形船で撮影したこの写真では、このような位置に人が立っていることはありえない。従って、偶然ここから人が覗いているという可能性は無いのだ。船の外の夜景を見ても川の中央に来ていることがわかる。これは本当に心霊が写ったものなのだろうか?
左の写真を見て欲しい。心霊の顔の向かって右側のほおの当たりにフラッシュが反射しているのがわかる。このことから、この顔はフラッシュが当たることのできる船内の人間の顔であることになる。従って、この顔はガラスに映った船内の人の顔と言うことになるのだ。
では、どの位置にいる人なのだろうか。まず、ガラスには鏡のように写るので、実際は、右側ほおに光が当たっていると思われる。また、その光は左ほおには到達していない。このことから、女性達の向かえ側に座っている人(眉の剃り具合を見ると女性?)であることが予想できる。
黄色の丸印はフラッシュが反射している地点。左端の絵は向かい側に居た人がフラッシュに当たった場合の想定図。
この写真が、斜め上方から撮影したことを考えると、被写体の女性の顔と、心霊と思われる顔の大きさの比から1〜2m程窓から離れた位置に座っている人だろうと推定される。
右から1番目と3番目の女性の間に不審な手が写っている。左下にその部分を拡大した写真を載せた。この手の写り込んだ角度から2番目の女性の手ではないか、と推測がつく。この写真のポイントは2番目の女性が出しているピ−スは右手か?左手か?である。
目を懲らして左の写真をごらん頂きたい。左手のように見える。ピ−スを作る場合、小指と薬指を折り曲げるため、ピ−スサインは親指側に寄るからである。
手の感じから左手ではないか、と考えられる。もし、この手が左手だとすると、下にある左手は幽霊と言うことになってしまうのだ。しかし、下の写真を見て戴きたい。このような姿勢で左手のピ−スはあり得ない。上の写真でも解るとおり、ちょっとした手のブレが左手のように写っているのだろう。上の写真をもう少しじっくりと見ていただきたい。1番目の女性のピ−スの親指の画像と非常に似た形で2番目の女性の親指がかすかに確認できる。さらに、折り曲げた小指と薬指も何とか確認できる。
下に写っている手の指先がフラッシュに反射しているのがわかる。これは、まさに窓に油がのっかっている証拠である。
左下に拡大写真を載せた。左上の写真を細かく見てみると、この写真の真正面と思われる部分は、カメラの真ん中に位置する、おおざっぱに言って男性の鼻のあたりではないだろうか。そして、女性が若干斜めに撮れているように見える。このことから、この男性と同じくらいの身長の人が撮影したか、あるいはそのような位置にカメラを固定させて撮影したと考えられる。(被写体の目の部分が隠されているのでハッキリとは言えないが・・・)女性の右肩下に木が写っていると言うことは向こう側は絶壁ではないといことである。これ以上は現地調査をしてみないと不明だが、向こう側にも道があるのではないだろうか。
上に拡大した写真を載せたが、白銀に写った金属の棒は外側の通路に設置された手すりではないだろうか?
気味の悪い心霊写真である。ふと財布を取りだした生徒時の写真である。財布の上に奇妙な手が写っていたのだ。しかし、この写真よ−く見て欲しい。
「注目」と記された部分を見て欲しい。手首が写っていたのだ。友達が後ろからそうっと財布に手をかけて悪戯しようとしていたのだろう。
注目の箇所を見て欲しい。厚みが無くぺらんとしているように見える。女性用の薄い皮の手袋ではないかと思われる。
そんなばかな!あるはずのものが消えた。写っていない!典型的な心霊写真である。そんな1つ1つを徹底的に解析してみよう。
この写真はかなり気味が悪い。右側に子供を連れて来ている女性が写っているが、頭がないのだ。左下に拡大写真がある。さらに明るさを変えて拡大して、下に掲載してみた。
右に示す様に頭の輪郭が写っているのがわかる。この女性の髪の毛は若干茶色系かもしくは日光の反射で茶色に光っているのだろう。柱の色に混じってしまっていたのだ。あまりにも日差しが強く、周囲の白にハレ−ションが起こっている。このため、濃い色である茶の部分の差が出なくなってしまったのではないだろうか。
真ん中の女の子の左足が消えている。この女の子の姿勢を見れば二本足でバランスをとって立っていることは明白である。では、足はどうなってしまったのか。
そこで女の子の身体のバランスを確認してみた。敷居をまたぐ位置と右の女の子の裏側に左手が隠れていることから、彼女の左足は敷居の向こう側に位置する。偶然、左側の女の子のスカ−トの裏に回っていたのである。
3〜4歳くらいの男の子であろうか。猫か何かの真似をしながら写されたこの写真。左腕が完璧に消えている。しかも、下の写真でも解るとおり、腕が無いわけではなく、裾が丸くなっているのでここに腕があることは明白である。なのに、なぜ消えてしまったのだろうか。
まず、この写真の撮影位置を確認しよう。おそらく、親が撮影したものと考えられ、カメラの位置は随分高い。また、男の子の若干右前方(従って、左手は後方になっている)からの撮影だと思われる。
おそらく男の子の左腕は背中の裏方向にあるのではないだろうか。あるいは後ろ側の見えない方向にあるものと思われる。
この写真を見ていただきたい。見事に右腕が消えている。これは、前述した理屈に基づいて撮影した写真である。綺麗に消えているが、後ろ側に回れば一目瞭然、いや、角度を10°程度変えれば写ってしまうほど微妙な撮影なのである。
大変にインパクトのある心霊写真である。この写真のいったいどこにそのトリックが存在するのだろうか。しかし、この写真にもポイントが存在するのだ。まず、撮影位置が斜め上からであることである。次に、襟のあるシャツを着ていることである。実はこの人は何らかの理由で、項垂れているのだ。下にいる虫を見つめているのかもしれない。この位置から撮影すると、ワイシャツの衿が死角を構成してくれるため、完璧に消えてしまったのである。
これを証明しよう。左下の写真をご覧いただきたい。「心霊写真を撮っちゃったんじゃ!」ご安心いただきたい。これはハンドパワ−ズの応援スタッフにお願いして撮影したトリック写真である。とはいうものの何の細工もしていないのに、首が見事に消えている。
シャツに注目して戴きたい。衿のあるシャツを着てきてもらったのだ。これでないと撮影は難しい。首の部分をクロ−ズアップした写真を下に載せた。
写真をさらに詳しく分析したところ、新事実が発覚したので報告する。実は、左に掲載されている写真の足に若干の不自然さを感じていた。しかし、その不自然さがどこからくるのかがわからなかったのである。今回、足下の靴の形状を詳細に解析してみた。
よ−くご覧頂きたい。なんとこの足は、「左足」だったのである。これによって、左記の解釈は大幅に変更せねばならない。とわいうものの、この写真が片足の状態で立っている姿勢であることは疑いない。つまり、この女性の右足は、左足の裏側に隠れてしまったのだ。どのような姿勢を保っているのかまではこの写真から判定はできない。しかし、立ち方を工夫すれば決して難しい撮影ではない。再現写真に成功したらさらに報告する。
まず、上の丸内を見て戴きたい。男の子の左肩から下にかけて、不自然な切れ方をしている。そして、下の丸内を見てみると、少し切れ方が直線的過ぎではないだろうか。
というところから、前回安易に合成と判定してしまった。ところが、詳細に解析していくウチに死角による現象であることが判明したので追加報告する。
この写真は合成ではなかったのだ。写真1と写真2を見ていただきたい。まず、写真2の問題の男の子の左手が隣の男の子の右肩にぼや−っと写っている。また、この手と男の子の体に押されるように隣の男の子の体が向かって右側に傾いているのがわかる。なぜ、このように押し込まれる形となっているのだろうか。その答えは、真ん中の男の子の体が大きく向かって右側に傾いているから、それに押されるよような格好となっているからである。その証拠に、写真1に傾き具合を黄色直線で引いてみた。左肩の上部から、胸元の二本のラインの消え具合と顔と両肩の傾き具合からこのような傾きが想定される。また、向かって左側の男の子の股下にソックスのラインが写っている。
次に、写真1の真ん中の男の子のシャツの下部分(前回の説明で直線的に切れているとしたところ)が直線的に切れているように見えるのは、シャツがやや前に垂れ下がっているからと推察される。このことから、真ん中の男の子の体は、向かって右に傾きながらも前側にも傾いていることになる。以上の事実を総合すると、真ん中の男の子の下半身は、向かって左側の男の子の後ろに偶然隠れてしまった、ということになるのだ。やはり、合成ではなかったのである。
この写真をご覧いただきたい。左下のに拡大写真を掲載した。黄色い丸で囲まれた部分に奇妙な手が写っている。
まず、奇妙な手は右手である。次に、この手が女性のものであるかどうかを確認してみると、なんと女性の右手はハッキリと確認できる。しかし、この位置から確認する限り女性の手としか思えない。しかし、ちょっと待てよ?この写真の女性を注意深く見ると、ここには仮にも左手が来ることもなさそうだ。左肩の位置を推定するとちょっとずれているように思える。目を懲らして確認してみると、奇妙な手はどう見ても右手である。つまり、女性の手ではないのだ。では、この手はいったい?
そこで、この位置に右手が来る可能性のある人間が存在するか検証してみた。すると、ついにこの写真のトリックは判明したのである。
矢印で指し示した(たぶん)男性に注目してもらいたい。ここには残念ながらお尻しか写っていないが、この位置から推定するに向こう側に捕まっていることがわかる。お尻がこの位置まで下がっていることを考えると、右手はぶらんとなっていことが考えられる。おそらくこの男性は丸太を肘で押えている瞬間、もしかすると、バランスを崩した瞬間を捕らえた写真かもしれない。間違いなく、この手はこの男性の右手である。
今回の解析で最も苦しんだ写真の一つが左の写真である。これは俄(にわか)には信じられない写真である。左から3番目に写っている帽子をかぶっている女の子の下半身が無い!しかも、その下半身が一番左の青いスカ−トの女の子の左足の部分に写っているのだ。一体どうなっているのだ!私はこの写真を隅から隅まで少しでも怪しい部分がないか探した。すると、不自然な部分が発見されたのである。
不自然な部分について解説していこう。丁度真ん中の白い帽子をかぶってピ−スを両手でしている女の子頭の部分に注目したい。下に拡大写真を掲載する。
頭の後ろにこの子の顔が写っているのがわかる。この写真には子供達の陰が写っている。これから、撮影されたのが明るい時間であることがわかる。このような時間ではシャッタ−速度が速いので、このように動きが写り込む事は考えられない。まして、移動の間の画像が無く、一瞬で2カ所に動いていることになる。これだけの動きがありながら両手などに何のブレも生じていないのはどうもおかしい。
真ん中上の赤い女の子の右肩から胸にかけてちょっと不自然に見える。上の2枚と合わせると、白い帽子の女の子の、顔・帽子の周囲に不自然さが見て取れる。
陰の位置について詳細に見ていこう。Aの陰は一番左の女の子の物である。ところが陰Bの持ち主が存在しないのである。Cの女の子の陰は、陰CからのびているがBまでには届くはずがない(これはAの女の子と陰Aから推定できる)。すると、最も考えられる陰Bの持ち主は足しか写っていない女の子がそこに上半身が存在していた場合である。つまり、この写真が撮られたときは、足の位置に上半身があったのである。そして、陰Bから推定するに、この女の子の身長はAの子とほぼ同じのでは無いだろうか。しかし、それでもまだ不自然な点が残るのだ。もし、問題の下半身の無い女の子が元々の足のある位置に立っていたのだとすると、左から2番目の女の子は身長から言って、この写真の位置でこのようなピ−スは出せないのではないだろうか。
今度は各人の位置関係を詳細に見てみよう。1と2の女の子の間に4の子が居たことは間違いない。それは陰が出来るためには日光を遮る物が無ければならないからである。ところが、ここに4の子が居たとすると、2の子のピ−スがこの位置に来ることが出来るのだろうか。また、2の子は向かって右側に身体が向いている。見えている足は右足、ピ−スも右手である。4の子が2の子の左肩を隠しているので、このような格好となっている。もし4の子がこの位置に居なかったら、不自然な空間が開いてしまうことになる。だから、この写真の位置に4の子は居なければおかしい、しかし、陰を見る限り4の子の陰は左にある。
さらに、4の子の右手の陰が2の子のお腹の部分に出ている事を発見した。4の子の上半身はここに存在していることになる。しかしながら、4の女子の(ものと思われる)足に注目してみると、なんと、3の女の子の陰が乗っているのだ。足は、確かにこの位置に存在しているのだ。
多くの方々のご協力有り難うございました。ハンドパワ−ズの方でこの写真を更に更に詳しく分析したところ次々と新事実が浮かび上がってきたのだ。詳しく見ていきたい。
まず、「陰」と女の子の位置関係の新事実である。ここでは、AとBの女の子がどのような位置関係にいるのかを詳しく分析したい。ポイントとなってくるのが、Aの子とBの子の位置と距離である。まず、陰,鮓ていただきたい。この直線のように下にたれ下がっている陰があるが、これをAの子のとっている姿勢と照合してみると、Aの子の左手にあたることが判明した。Aの子は体を若干左側に傾けた姿勢となっていて左手が見えていない。しかし、陰を見てわかるとおり、まっすぐ下にのびているのである。次に△留△任△襦これは、Aの子の左手に重なるようにまっすぐ突き出されている「手の陰」である。重要なポイントであるが、Aの子の後ろでこのようにまっすぐに手が突き出されているのはBの子しかいない。つまり、△留△Bの子の陰であることが、これで明白になった。では、△留△梁の部分を追跡してみていただきたい。なんとその陰は間違いなく、いままで「上半身がない」と考えられていた足にたどり着くのだ。しかも、AとBの子の距離が陰も実態もぴったり一致している。
左の写真でΔ梁から△留△出ていることを確認いただきたい。これで、残るはCの子だけとなった。もう想像がつくと思うが、Г梁がCの子ということになる。しかし、だとすると、Cの子は一体どのような姿勢になっているのだろうか。
い房┐靴仁て看板とCの子の帽子の位置関係を確認いただきたい。Cの子の帽子の半分くらいが看板の裏側に回っていることが確認いただけるだろうか。BとCがほぼ横一列であることから、この2人は立て看板に接触していることになる。陰にごくわずかであるが、立て看板の陰が写っている。Bの子の背中にくっついているようにも見える。左の写真のГ梁を詳しく見ていく。黒いパンツ(パンツかスカ−トかは不明だが、ここでは場所柄からパンツとしておく)のやや上に膝がきているので、膝から上にCの隣の背の高い女の子の足の長さを重ね合わせると、黄色い線の位置あたりまでが足となる。(そのうえにお尻の部分がくると考えると、Г梁はBの子には長すぎることとなる。)
イ鬚澆討い燭世たい。立て看板の中央部分にこんなにも太くて丈夫そうな棒が打ち込まれている。Г梁を素直に伸ばしていくとちょうどお尻のあたりにこの棒がくることが判明した。次にCの子の両肩の傾きを黄色線で示してみた。すると、やや傾いていることがわかる。この線から垂直方向に上半身がきているはずなので、垂れ下がった洋服を無視して素直に追っていくと、丁度腰のあたりでBの子に隠れることがわかった。
つまり、Cの子はこの立て看板にお尻をつけて寄りかかって(腰掛けたような感じ)いるのである。このような姿勢となったのは、もしかすると、Cの子の前で両手でピ−スする子が後ろに押し込んだような形となっていることから、この子を受け止めているためかもしれない。
私もこの奇妙な手が「この女性のものではないか」とは考えていた。しかし、あまりにも不自然であったため報告できずにいたのである。今回の情報提供で、この女性が「三味線を弾く物まねをしていた」と考えると随分しっくりいく。まず、その線で間違いないだろう。着物の袖口をよく見てみよう、袖口が上に行くほど大きく開いている。これは、彼女の腕が下には降りていないことを物語っているのだ。写真の撮影角度は女性の左斜め前で、しかも、手と袖口が一直線で結ばれている。問題の腕時計だが、拡大してよく見てみると、着物の袖のようにも見える。酌をしている様子もないところから、三味線をまねて一曲披露しているのはないだろうか。
これは、我々の固定観念の中に、目と口の並びが3点でイメ−ジされているからである。これらの応用例を紹介したい。下に示した写真は我々ハンドパワ−ズが実際に場所や角度を意識しながら撮影したものである。
左の写真をご覧戴きたい。もの凄い数の心霊が浮かび上がっているだろう。私が画面をちょっと見るだけでも、5体くらいは軽くみつかる。
この部分の顔を分析してみよう。なぜ、このように顔として見えるのであろうか。そこで、この部分を単に拡大するのではなくDVを用いて接近して撮影してみた。
このようにする事で、顔に見えているだけなのか、それとも本当に顔が撮影されているのかの判断ができるのだ。
もう少し説明を加える。実は、上の映像を撮影している時に液晶モニタ−内では写真のような顔が見えていたのだが、肉眼では見えなかったのである。つまり、人間の肉眼は遠近を捉えることができるので、石の並びが写真ほどハッキリとは顔になっていなかったのである。これが、心霊写真の神髄である。
写真を撮影している時に顔が確認できている場合には、誰もがその顔が何なのか確認をするだろう。そして、それが石などの配置である場合にはさして気にも留めないはずである。しかし、通常写真を見るのは現像の後なので、遠近同一化した後ということになる。これによって、「あのときに見えなかったものが画像上に現れることになる」のだ。
左の写真をよ−く見ていただきたい。夕食を食べていた時に偶然撮影されたものである。なんと、足が消えてしまっているのだ!そんな馬鹿な!下に足の部分を拡大した写真を掲載した。しかし、綺麗さっぱりと消滅していたのである。これは合成でもなんでもない確かに目の前で起こった現象である。
しかし、ご安心いただきたい。これは心霊写真ではないのだ。後で確認したところ、この人は腰が痛かったので、正座して食べていたと言うのである。
我々の脳は「通常あるべき状態」を自然に受け止める性質がある。この写真を見た場合、当然椅子に座れば足が見えるはずだ。見えてないと言うことは消えたのだ。という風に考えてしまいがちである。

 

戻る

アイフルのサイトです。

アイフルのサイトです。